2022年5月15日
[活動報告]ポピュラー文化を活用したまち・地域の2.5次元化プロジェクト
お知らせ

横浜国立大学地域連携推進機構ネクストアーバンラボのプロジェクトとして、大学周辺のものがたりを掘り起こし、ゲームや街歩きのコンテンツをつくり、まちの魅力を知ってもらう試みをしています。ファンタジーとリアリティを混交させ、時空、空間を越えて、楽しみながら自分たちのまちについてもっと知ることができる楽しい仕組みを制作・実践中です。

詳細は、こちら

プロジェクトのHPはこちら


2022年5月12日
東京都人権プラザ企画展「人権カルチャーステーション」に協力しました
アニメ、マンガ
東京都人権プラザ企画展「人権カルチャーステーション」に協力しました
東京都人権プラザの企画展「人権カルチャーステーション」
のアニメ部門に、アドバイザーとしてアニメ3作品とアニメソングを推薦させていただきました。
5/13~7/29まで
2022年2月22日
[お知らせ]3/6(日)NHK文化センター青山教室俳優・太田基裕さん「「演じる」ということ」
2.5次元ミュージカル・ライブシアター

2022年3月6日(日)14時より、2.5次元ミュージカル・ミュージカル『刀剣乱舞』の千子村正役、二人だけのミュージカル「ストーリー・オブ・マイ・ライフ」のアルヴィン役でもおなじみの、俳優・太田基裕さんが、NHK文化センター青山教室で「「演じる」ということ」のご講演をされます。私は対談相手として、いろいろお話をうかがわせていただきます。

/

 昨年の有澤樟太郎さんに続き、2回目の対談に、またもや緊張です。オンラインの受講はまだ受け付けているそうです。詳細はこちら


2022年2月01日
[お知らせ]シンポジウム「アニメーションと被災地の記憶ー映画『岬のマヨイガ』をめぐるアニメーション、ツーリズム、フォークロアの可能性」
アニメ、マンガ

横浜国立大学地域連携推進機構Next Urban Labと日本アニメーション学会主催で、2022年2月20日(日)13:00~ ZOOMウェビナーで、標記シンポジウムが開催されます。

/

東日本大震災の被災地支援のため、アニメツーリズムを推進するフジテレビの「ずっとおうえん。プロジェクト2011+10…」(https://zutto-ouen.com/)として、テレビアニメ『バクテン!!』、アニメーション映画『岬のマヨイガ』、『フラ・フラダンス』、『映画バクテン!!』が制作されました。本シンポジウムでは、総括プロデューサーの高瀬透子氏、『岬のマヨイガ』の舞台の一つ岩手県大槌町の平賀聡氏、安藤彰紀氏をお迎えし、プロジェクトの内容や大槌町での取り組みに関してお話をうかがいます。また被災地へのアニメツーリズムに関して ...

2022年1月02日
[お知らせ] ウェブマガジン「2.5ジゲン!!」のインタビュー
2.5次元ミュージカル・ライブシアター

 ウェブマガジン「2.5ジゲン!!」に、2.5次元舞台についてインタビューを受けました。その記事「何が変わった?どう変わる?大学教授が見たコロナ後の2.5次元舞台と2022年」が掲載されています。

 そして、新年に飛び込んできた、ネルケプランニング創設者であり現会長の松田誠さんが、今年6月で会長職を退くことになったというニュース。https://25jigen.jp/news/61555

常に10年先を見通す松田さんが、次なる挑戦は「世界」! 今度はどんな革新を起こして下さるのか、期待大です!


須川亜紀子
須川亜紀子
Akiko Sugawa-Shimada
横浜国立大学 都市科学部/都市イノベーション研究院 教授
Professor, Department of Urban Sciences/ Institute of Urban Innovation Yokohama National University
© ぽぷすた All Rights Reserved.
このHPに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。