2020年1月27日
科研費学会+第6回2.5次元文化を考える公開シンポジウム
2.5D プロジェクト

2020年2月23日(日)に、筑波大学東京キャンパス文京校舎にて、「科研費学会+第6回2.5次元文化を考える公開シンポジウム 合同学会」が行われます。

詳細は↑をクリック。なお、最新情報は、facebookをご覧ください。

12:20 開場
12:50 挨拶、趣旨説明 ・・・須川亜紀子(横浜国立大学)
13:00 パネル1:2.5次元文化に関する理論編
川村覚文(関東学院大学)「ポスト世俗主義時代における情動と宗教的身体:ラブライブ!に関する考察」(リモート出演)
岩下朋世(実 ...

2019年10月01日
【お知らせ】第6回2.5次元文化を考える公開シンポジウム〜2.5次元文化の可能性と展望
2.5D プロジェクト

第6回2.5次元文化を考える公開シンポジウムの開催が決定しました。

2020年2月23日(日)筑波大学東京キャンパス文京校舎

12:30 開場 13:00〜17:30(予定)

 今回は、「2.5次元文化の可能性と展望」と題して、二部構成でお送りします。第一部は、3年間の2.5次元文化研究科研費プロジェクトのメンバーによる成果発表。第二部は、登壇者によるシンポジウムです。

 2.5次元文化プロジェクトを立ち上げた時には、まだ知る人ぞ知るでしたが、今や2.5次元舞台は、「2.5次元俳優」などと呼ばれるアイドルたちを生み出し、 ...

2019年3月16日
第5回2.5次元文化を考えるシンポジウム報告
2.5D プロジェクト
第5回2.5次元文化を考えるシンポジウム報告

第5回 2.5次元文化を考える公開シンポジウム~「バーチャルな身体のリアルー Vチューバ―の語りかけるもの」が、2019年2月23日(土)YCCヨコハマ創造都市センター 3階イベントスペースにて無事終了しました。今回で5回目を迎える2.5次元文化シンポジウムですが、年々一般の方や企業の方の参加が増えていることを嬉しく思います。

 まず株式会社ファボのCEO奥野翔太先生が「キャラクタービジネスとバーチャルYouTuber」が、制作者側の立場から、現場の様子や会社の方針などを話されました。アニメにおけるキャラクター中心の時代から、キャラクターそのものの時代へとシフトする現在、約7,000人いるとされるVチューバーたちに対し、35万人のユーザーがいるこの領域に、ビジネスチャンスと大きな可能性を見出しているとのこと。アニメのキャラクターなどと異なるのは、実在性による圧倒的親近感。確かに、アニメのキャラクターたちにメッセージを送ったとしても、 ...

2019年1月11日
第5回2.5次元文化を考える公開シンポジウム開催のお知らせ
2.5D プロジェクト
第5回2.5次元文化を考える公開シンポジウム開催のお知らせ

今年度も、2.5次元文化を考えるシンポジウムを開催します。テーマは、ヴァーチャル・ユーチューバー。リアルな身体をもちながら、虚構のイメージを使ってYoutubeで活躍するVtuberたち。キズナアイさんをはじめ、無数のVチューバーが続々と登場しています。あえて2次元の虚構をつかう、3次元の身体。声や動作が2次元と3次元を行き来する、まさに2.5次元空間で繰り広げられるエンターテインメント。この2.5次元文化を、株式会社ファボの奥野氏と、アメリカ文学の他にもポピュラー文化に造詣の深い専修大学の中垣氏、(株)ZONVOXのサウンドディレクター川村氏、声優研究をされている小林氏をお迎えし、考えていきます。


...
2018年5月28日
学会発表 Mechademia国際学会 in 京都国際マンガミュージアム
2.5D プロジェクト
学会発表 Mechademia国際学会 in 京都国際マンガミュージアム
2.5次元文化研究プロジェクトチームで、初の本格的な学会発表を、Mechademia国際学会で行いました(使用言語は英語)。アメリカに本拠を置くこの学会は、アメリカでも大会を開いていますが、アジアでも大会を開き、日本は二年ぶりとなります。 今年の大会テーマは Manga Nexus: Movement, Stillness, Media でした。 私たちのパネルは、最終日5月27日午後にあり、発表題目は以下の通りです。 Akiko Sugawa-Shimada “Constructions of 2.5-dimensional Culture as Participatory Culture and the Community of Preference in Japan” Hosei Iwashita “‘Character’ in 2.5-D Theatrical Plays: From the Perspective of Manga Studies” Satofumi Kawamura “The A ...
須川亜紀子
須川亜紀子
Akiko Sugawa-Shimada
横浜国立大学 都市科学部/都市イノベーション研究院 教授
Professor, Department of Urban Sciences/ Institute of Urban Innovation Yokohama National University
© ぽぷすた All Rights Reserved.
このHPに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。