2015年10月12日
鑑賞「ミュージカル美少女戦士セーラームーン〜Un Nouveau Voyage〜」
2.5-D Musicals and Live Theater

9月、ぽぷすた有志で「ミュージカル美少女戦士セーラームーン〜Un Nouveau Voyage〜」を鑑賞してきました。渋谷AiiAシアターは、すっかり2.5次元ミュージカル、ライブシアターの聖地として定着した感じです。

「ミュージカル美少女戦士セーラームーン〜Un Nouveau Voyage〜」が、他の2.5次元ミュージカルと少し異なるのは、キャストがすべて女性が演じていること。そして、タクシード仮面やこの回に初登場するセーラーウラヌス、セーラーネプチューンなども元宝塚女優さんで、ミュージカル女優と、普通の舞台女優、そしてこのセラミュでデビューした女優さんたちが混合していることでしょう。

もちろん、宝塚と2.5次元ミュージカルは様式が異なっているのですが、その舞台内のハイブリッド性はおもしろい均衡を生み出しています。2.5次元で特徴的なのは、1つは、アニメ・漫画のキャラが、現実に動いているような感覚を得られることです。それは、アニメの声に似せたり、ビジュアルを似せたり、仕草をアニメのものに近づけたり ...

2015年9月20日
3rdシーズン「ミュージカルテニスの王子様」対聖ルドルフ 鑑賞報告2
2.5次元ミュージカル・ライブシアター

9月11日、「3rd ミュージカルテニスの王子様 青学vs聖ルドルフ」を観劇した。今回で私はテニミュ3度目の観劇となる。初めて見たのは去年の7月の2nd公演。今回と同じく、須川先生と同行させていただいた。初めて観る2.5次元ミュージカルは驚きの連続で、それからというもの、テニミュの魅力にとりつかれ、3rd公演が決まったときは踊り狂って喜んだのであった。




3rdの公演に関しては、今年の5月に「青学vs不動峰」を観劇している。4ヶ月ぶりとなる今回の観劇で感じたものは、やはりキャストの成長である。ファンがテニミュの魅力について口をそろえて言うのは「キャストの成長を見守る楽しさがある」ということだ。今回の観劇で私も改めてそれをひしひしと感じた。何ヵ月も同じ役を演じてきたキャストは、素人目から見てもはっきりとわかるくらいに歌もダンスもめきめきと上達しており、非常に感慨深いものがあるのだ。私たちファンは、まるで子の成長を見守る親のような気持ちになってしまう。キャストにとっては、歌やダンス等の技術だけではなく、役の演じ方、役との向き合い方、仲 ...

2015年9月20日
「テニミュ」3rdシーズン 聖ルドルフ編 鑑賞感想1
What's New
「テニミュ」3rdシーズン 聖ルドルフ編 鑑賞感想1

3rdシーズン 「ミュージカルテニスの王子様青学vs聖ルドルフ」を元ぽぷすたの4年生と鑑賞してきました。以下、感想文を掲載します。

*********************************************
『3rdシーズン ミュージカルテニスの王子様青学vs聖ルドルフ』を先日観劇した。初めてテニミュに生で触れたのは今でも忘れられない、2008年5月24日土曜日の神戸であった1stシーズンDream Live 5thだった。まさに夢のライブを目の当たりにして以降は高校時代のなけなしのお小遣いは全てテニミュに費やし、出来る限り観劇していた。それから私とテニミュの間に一年の休止期間があり、2ndシーズンが始まるが実は三度しか観劇していない。実質1stシーズンぶりといっても過言ではない、久方ぶりのテニミュ観劇が今回の3rdシーズン聖ルドルフ戦である。

テニスの王子様のストーリー三巡目となる3rdシーズンを観劇した1stシーズンファンがどのように感じたのかをここに認めたい。

まず、はじまりから違和感があった。コ ...

2015年9月10日
2.5次元ミュージカル『帝一の國2』 鑑賞レポート2
2.5次元ミュージカル・ライブシアター
ぽぷぜみの清水桃香さんが、『帝一の國2』の鑑賞レポートを寄せてくれました。
************************************** 最近、立て続けに行われる実写化に少々抵抗を感じる中、個人的に2.5次元ミュージカルにも当初はあまり良い印象はなかった。そんな私が初めて日本のミュージカルに出向いた。それが『帝一の國』であった。
今回は2章目ということもあり、開演してすぐに1章のあらすじを、オールラウンダ―ズの俳優陣が分かりやすく説明をしていた。まず私が感動したのが、そのオールラウンダ―ズたちである。オールラウンダーズとは複数の役を1人が行うことであり、彼らは場面が変わるごとに衣装だけでなく、口調やキャラクターも変えて何度も別人になって登場を繰り返していた。そのクオリティーの高さと、エキストラがたくさん居る様に錯覚を起こさせることなど、視覚的にも驚きの連続であった。
メインの俳優陣も曲に合わせて踊るシーンでは、自身のキャラクターを崩さず、バラバラで個性を出しつつ、綺麗に統一されたダンスと歌を披露した。例えば森國役の大河元気は役 ...
2015年9月10日
ゼミ合宿 in 箱根
What's New
2015年9月7日(月)、8日(火)箱根にてゼミ合宿を行いました。専修大学大学院米村ゼミとの合同開催です。
台風が近づく雨の中、箱根神社近くでお昼を食べ、箱根神社観光をして、宿舎へ。宿舎は温泉なので、さっそく順番に入り、皆温泉を堪能。4時半からさっそく課題図書である、マーク・スタインバーグ著『日本はなぜ<メディアミックス>する国なのか』(KADOKAWA, 2014)を1章づつ読破。
メディアミックスという言葉の複雑な経緯や、その後の変容。特に60年代の「鉄腕アトム」のリミティッド・アニメーションの手法からメディアミックス展開の成功を紐解くところは、みな関心していました。
食事の後、また7時半から再開。最後まで議論は尽きず、最終的に問いが投げかけられたのは、現在の状況にどれだけこの理論が当てはまるのか、ということでした。院生の方からは、「もはや世界観さえない」という指摘や、「初音ミク」の成功に、世界観や個性がなかったことなどが理由としてあげられ、それに関する討論で盛り上がりました。
普段、同じ学年の仲間としか討論しないので、横国学 ...
須川亜紀子
須川亜紀子
Akiko Sugawa-Shimada
横浜国立大学 都市科学部/都市イノベーション研究院 教授
Professor, Department of Urban Sciences/ Institute of Urban Innovation Yokohama National University
© ぽぷすた All Rights Reserved.
このHPに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。